山本千尋の異色の経歴が話題!中国武術を極めアメリカ留学経験も!?




現在放送中のドラマ『未来への10カウント』でのライバル校の最強ボクシング部員・”奥村紗耶”役としての出演や、

2022年7月公開予定の映画「キングダム2 遥かなる大地へ」での”羌象(きょうしょう)”役としての出演が発表されたことなどでも注目を集めている、

アクション女優としても名高い山本千尋(やまもと ちひろ)さんをご存じでしょうか。

幼少の頃から中国武術を習い、数々の大会で金メダルを獲得され、元アスリートから女優への転身、

ハリウッドを目指しアメリカへの留学経験もあるという異色の経歴でも注目を集めています。

今回は、そんな異色の経歴を持つ山本千尋さんの、中国武術の経歴や、女優に転身したきっかけや、アメリカ留学の理由や、

女優経歴やプロフィールなどについて紐解いていこうと思います。


山本千尋の中国武術の経歴がやばい!

この投稿をInstagramで見る

山本 千尋(@chihirooyamamotoo)がシェアした投稿

3歳の頃から中国武術を習い始め、16歳まで中国武術「武術太極拳」を続けていたという山本千尋さん。

まずは、ざっと受賞歴を観てみましょう。

2008年

・「第2回世界ジュニア武術選手権大会」 

 槍術 金メダル 長拳 銀メダル

2010年

・「第18回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会」

 長拳・剣術・槍術 優勝 最優秀選手 受賞

2011年

・「第19回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会」

 長拳・剣術・槍術 優勝

2012年

・「第20回JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会」

 長拳・剣術・槍術 優勝

・「第4回世界ジュニア武術選手権大会」 

 槍術 金メダル 剣術・長拳 銀メダル

2008年、2012年と2回も”世界一”に輝いていて、

中国武術がオリンピック競技にあれば、間違いなくオリンピック選手としてメダルを獲っていたといっても過言ではない、超一流アスリートなんですね~。

中国武術というくくりの中に「武術太極拳」があり、その中でも「太極拳」、「南拳」、「長拳」、などなど種類があるそうで、

山本千尋さんがやっているのはその中の「長拳」だそうです。

ちなみに「太極拳」と言えば、公園でお年寄りがやっているのを想像してしまいますが、

「長拳」とはジャッキー・チェンが映画の中でやっているのと同じジャンルなんですって!

そんな山本千尋さんが中国武術を始めたきっかけは”お母さん”だったそうで、

「母がもともと香港映画とかジャッキー・チェン、ジェット・リーの大ファンで。母は姉を教室に連れて行きたかったんですけれども、私が小さくて留守番をひとりでできなかったので一緒に連れて行ってもらったんです」

引用元:https://sportiva.shueisha.co.jp/

このようなコメントを残されてます。

そんなこんなでお姉ちゃんよりハマってしまったという山本千尋さんは、

週6回は教室に通い、学校から帰ってきても毎日3時間は練習をするということを16歳まで続けてきたそうです。

時には河川敷で練習をしていて「刀を振り回している子供がいる」と警察に通報されたこともあったんだとか。

ちなみに私のおじいちゃんもジャッキー・チェンの大ファンで、私も幼少期からたくさんの映画を観てきましたが、中国武術を習わせてはくれなかったので、

山本千尋さんのお母さんのジャッキー・チェンやジェット・リーの好き度がハンパないということもうかがえますよね。女の子ですからね。

しかし、先述した受賞歴にもあるように、2010年と2011年は、JOCの大会で優勝しているのにも関わらず、世界大会に出場されていません。

これは、マイナースポーツであるが故、色んな人にチャンスを上げたいという理由で2位の方が世界大会に出場するという取り組みだったようです。

こういったことで、「なんで優勝したのに世界に行けないんだろう」という思いや、

「すごく好きな競技なのに誰にも分かってもらえない」という思いなどが重なったことからも、練習に身が入らなくなり、競技を続けるかどうか迷いが生じたんだとか。

しかし、いくらマイナーな競技だとは言え、これほどの実力がありながら山本千尋さんは何故16歳という若さで競技を離れたんでしょうか?

次項では、そんな迷いの中に訪れた、女優に転身するきっかけともなったターニングポイントなどについて解説していきますね!


山本千尋が女優に転身したきっかけは?

この投稿をInstagramで見る

山本 千尋(@chihirooyamamotoo)がシェアした投稿

山本千尋さんは16歳の時に芸能界りをされていて、きっかけは15歳の時に出演されたオーディション番組『スター☆ドラフト会議』だったんだとか。

山本千尋さんの中国武術での活躍を知っている方に声をかけて頂いたそうで、

『スター☆ドラフト会議』出演後に色々な方に声をかけらているうちに、芸能界に興味を持ち始めたそうです。

そんな中、やっとの思いで出場できた中国武術の世界大会で金メダル一つ、銀メダル2つという好成績を残した後、

「中国武術をオリンピック競技にしたい。そのためにも自分が少しでも競技を広められる立場になりたい。そう思ったのが、女優を志すきっかけになったんです」

引用元:https://sportiva.shueisha.co.jp/

このような経緯で山本千尋さんは、16歳という若さで「武術太極拳」という競技から引退し、女優へと転身していくんですね~。

世界トップクラスの選手でありながら、16歳で引退とはあまりにも若いという気もしますが、

山本千尋さんが味わった中国武術というマイナースポーツであるが故の葛藤や、次世代への想い、

そして、何よりも中国武術に対する深い思いが痛いほど伝わってきますよね。

その後、山本千尋さんは、2013年の舞台「時空警察ヴェッカー1983」にて女優デビューを果たすと、

スクリーンデビューとなった2014年の映画「太秦ライムライト」ではヒロインに抜擢され、アクション女優として注目を集めます。

このまま日本で出演を重ねて、徐々に知名度を上げていって…

と、思いきや!

山本千尋さんは高校卒業後の2015年にアメリカはロサンゼルスに留学されていたんです!

いったい何故!?


山本千尋はハリウッドを目指しアメリカに留学していた!?

出典元:https://unsplash.com/

芸能界に入ってからは映画をよく観るようになったという山本千尋さんは、いつしか「ハリウッド映画に出る」ことが目標になり、

2014年に映画「太秦ライムライト」の上映でロサンゼルスを訪れた時に「ハリウッドに行きたい」という思いがより強くなり、

同映画で主演を務めた福本清三さんの後押しなどもあり、

高校卒業後の2015年、山本千尋さんはアクションを磨くべく半年間ほどアメリカはロサンゼルスに留学されているんですね~。

ロサンゼルスでは、アクティングスクールに通い、演技や英語を学びながらジムや武術のトレーニングなどを行いながら、

カフェやビーチにも行って楽しまれたそうです。

今では公式プロフィールの特技欄に”英会話”とあるので、ハリウッド映画に出演される際にも困りませんね!

山本千尋さんは、海外で日本の良さを伝えるという点で、真田広之さんや、渡辺謙さんを目標にされているようで、

ハリウッドでアクション女優としての活躍、日本の良さを海外に伝えられる女優になることを目標とされています。

また、お母さんの影響で幼少の頃から香港映画を観ていたことから、チャン・ツィーにも憧れがあるようなので、アクションシーンでの共演なども観てみたいものですね。

アクションも申し分のない山本千尋さんですし、英語もいけるとなれば、ハリウッド映画に出演される日は、そう遠くないかもしれませんね!


山本千尋の女優経歴とプロフィール

この投稿をInstagramで見る

山本 千尋(@chihirooyamamotoo)がシェアした投稿

プロフィール

本  名:山本千尋(やまもと ちひろ)

生年月日:1996年8月29日 25歳(2022年4月現在)

出  身:兵庫県

血 液 型:O型

身  長:155cm

所  属:スターダストプロモーション 制作2部

趣  味:映画鑑賞、スポーツ、読書、料理、サイクリング

特  技:中国武術、アクション、ボクシング、殺陣、英語

中国武術やボクシングといったイメージからはかけ離れた美貌の持ち主で、ややハーフ顔で可愛らしい顔立ちの山本千尋さんですが、

2022年の2月には、プロボクサーのライセンスも取得されたそうですね!

そんな山本千尋さんは、2013年の舞台「時空警察ヴェッカー1983」で女優デビューを果たし、

2014年の映画「太秦ライムライト」では映画デビューにも関わらず、ヒロインという大役を勝ち取り、

さらにはそのアクションが認められ、「第3回ジャパンアクションアワード」にて”ベストアクション女優賞”を受賞されたという強者!

前項でご紹介したようにアメリカ留学を経た後も、2016年には映画「仮面ライダージェネレーションズ」や、

「キングダム連載10周年実写特別動画での”羌瘣(きょうかい)”役での出演でも話題を呼び、

2017年には映画「BRAVE STORM ブレイブストーム」や、ドラマ「ウルトラマンジード」などの特撮作品へも立て続けに出演されています。

日本のアクション女優と言えば清野菜名さんも有名ですが、2022年7月に公開予定の「キングダム2」では、

清野菜名さんが”羌瘣(きょうかい)”を、山本千尋さんが”羌象(きょうしょう)”を演じるということでも話題になっています!

日本の2大アクション女優がどのようなアクションシーンを見せてくれるのか今からワクワクしてしまいますね~!

また、山本千尋さんはアクションだけにとどまらず、2019年の映画「チア男子!!」や、2021年のドラマ「着飾る恋には理由があって」など、

”青春もの”や”恋愛もの”への出演でも話題を呼んでいます!

「着飾る恋には理由があって」での横浜流星さんの元カノ役での出演は記憶に新しいですね~!

そして、現在放送中のドラマ「未来への10カウント」では、”青春もの”でありながら、ガチのボクシングシーンも初披露されるということなので、見逃し厳禁ですね!

あわせて読みたい↓↓

木村拓哉さんが主演を務める話題のドラマ『未来への10カウント』の第3話が終了し、 いよいよ来週から松葉台高校のボクシング部のイ...
3歳から16歳まで中国武術に携わり、「武術太極拳」で世界一に輝いたこともあるという元アスリートという経歴を持ち、 女優に転身し...
2017年のドラマ「カンナさーん!」での”れお”役や、2021年のドラマ「コタローは1人暮らし」での”コタロー”役など、数々のドラマ...
数多くのファッション雑誌などでモデルを務め、ドラマ、舞台、映画で活躍する田中真琴(たなか まこと)さん。 4月15日か...

スポンサードリンク

まとめ

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ドラマ「未来への10カウント」や、映画「キングダム2」への出演で話題になっているアクション女優・山本千尋さんの、

中国武術の経歴や、女優に転身されたきっかけや、アメリカ留学や、女優経歴やプロフィールなどについてまとめさせていただきました。

中国武術は「武術太極拳」の”長拳”にて2度も世界一に輝いたという経歴を持ちながら、その中国武術を世に広めるために”アクション女優”という道を選んだ山本千尋さん。

16歳で競技を引退されたのは少しもったいない気もしますが、そのことも含め、女優として注目を集めた矢先にハリウッドを目指しアメリカに留学されたことなどからも、

山本千尋さんの”決断力”や”行動力”には度肝抜かれました!

そして、何よりも3歳から16歳まで週6での練習を怠らなかったという”努力”や、好きな事への”集中力”などがずば抜けているということもうかがえるので、

ハリウッド映画出演への道のりも、それほど長くはないのではないかと、個人的には思います。

ぜひ、山本千尋さんには、ハリウッド映画でチャン・ツィーとのアクションシーンを見せて欲しいですね!

以上、最後までご覧くださりありがとうございました。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする