和田庵(いおり)は珍しい名前だけど本名?名前の由来や経歴も気になる!

5月21日から公開されている映画「茜色に焼かれる」にて、主演の尾野真千子さんの息子役に大抜擢された新人俳優・和田庵(わだ いおり)さんが話題になってます!

和田庵はなんと15歳の現役高校1年生で「いったい何者⁉」と思い、突如現れた新人俳優かと思いきや、実は子役としても芸能活動を行っていたんですね~。

今回は、そんな新人俳優・和田庵さんの”庵(いおり)”という名前が珍しいので本名なのかなぁ?

また、”庵(いおり)”の由来はなんだろう?と、気になり調べてみましたので、経歴プロフィールなども一緒にご紹介していきますね!

スポンサードリンク

和田庵(いおり)は珍しい名前だけど本名?

和田庵さんの”庵(いおり)”という名前は珍しいですよね⁉

わたしは生まれてこのかた聞いた事がない名前だったので、本名なのか芸名なのか調べてみたのですが、情報がありませんでした!泣

和田庵さんは新人俳優ということで、なんせウィキペディアでも投稿されておらず、謎に満ちた俳優さんで情報も少ないんですよね。

”庵(あん)”という名前だったら女の子の名前でありそうですが、”いおり”と読むこと自体初めて知りましたね。

個人的には”いおり”と聞くと女の子をイメージしてしまいますが、実は男向けの名前でもあるようです。

わたしは”いおり”と聞いて、一番最初にイメージした漢字は”伊織”なのですが、この漢字の名前はもともと戦国時代や江戸時代の武士が名乗っていた名前だそうで、

有名どころですと、「宮本武蔵」の養子として知られる「宮本伊織(いおり)」なんかもそうですよね。

ちょっと話がそれてしまいましたが、”庵(いおり)”という名前は、芸名としても本名としても珍しいと思いますし、

インタビューなどで名前について聞かれるのは時間の問題だと思われますのでもうしばし待ちましょう!w

あわせて読みたい↓↓↓

8歳の時に自ら志願して事務所のオーディションを受け芸能活動を開始し、2017年に公開された映画『ミックス』で子役デビューを果たし、 ...
現役高校生の俳優・和田庵(わだ いおり)さんが、5月21日から公開されている映画『茜色に焼かれる』への出演で話題です! 和田庵...

スポンサードリンク

芸名か本名かを予想してみた!庵(いおり)という名前の由来は?

出典元:https://tsubame-kankou.jp/

”いおり”という名前自体珍しいと思うのですが、”庵”という漢字一文字での名前”いおり”はさらに珍しいと思ったので、”庵”という漢字の意味や名前の由来を調べてみました。

まず、”庵(いおり)”という漢字の意味については、

「庵」は訓読みで「イオリ」と読んで「草ぶきの小さな家」を表します。僧や尼が世間から離れて静かに暮らすための家のことで、後に「○○庵」と使って、文学に携わる人・茶道に通じる人などの名前や住居を表したり、料亭の屋号に使われたりするようになりました。

引用元:https://ichigoichina.jp/

なるほど、確かに「○○庵」というお店はよく見かけますね。

ちなみに”伊織””依緒里””唯織”など二文字以上の漢字は他にもありますが、一文字で”いおり”と読めるのは、”庵”だけだそうです。

続いて、”庵(いおり)”という名前の由来については、

文人や画家などが「雅号」に使っていた「古風」「芸術的」なイメージから「趣のある落ち着いた雰囲気の人になってほしい」「芸術面で才能が花開くように」「個性豊かな人になってほしい」と願いを込めることができます。
また、「小さな家」という意味もとらえ方によっては「謙虚」「控えめ」と考えられるので「謙虚に努力できる子になってもらいたい」と表現することもできるのではないでしょうか。

引用元:https://ichigoichina.jp/

なるほど、こうなったら和田庵さんが本名であると仮定すると、和田さんのご両親、もしくはおじーちゃんやおばーちゃんが、

文人や画家、もしくは茶道や文学に携わる著名人である可能性もでてきましたねぇ

そして、「芸術面で才能が開花するように」という言葉を加味すると、「芸能人として成功しますように」と捉える事もできるので、芸名である可能性も否めませんねぇ。

ここでは、本名としても芸名としても予想できる理由が浮上してしまったので、予想不可能ですね!汗

それにしても、どちらにしても”庵(いおり)”という名前の由来はとっても素敵だという事がうかがえましたね!w

あわせて読みたい↓↓↓

8歳の時に自ら志願して事務所のオーディションを受け芸能活動を開始し、2017年に公開された映画『ミックス』で子役デビューを果たし、 ...
現役高校生の俳優・和田庵(わだ いおり)さんが、5月21日から公開されている映画『茜色に焼かれる』への出演で話題です! 和田庵...

スポンサードリンク

和田庵の経歴プロフィール

出典元:https://prtimes.jp/

プロフィール

名  前:和田庵(わだ いおり)

生年月日:2005年8月22日 15歳(2021年5月現在)

出  身:東京都

血 液 型:O型

身  長:???

所  属:レプロエンタテインメント

趣  味:スケボー、ファッション

特  技:スケボー、ロッククライミング

新しいタイプのイケメンですね~!!w

TOKIOの松岡昌宏さんと俳優の綾野剛さんを足して2で割ってスポーツマンシップにのっとってるような爽やかさとワイルドさを兼ね備えたイケメンですね!

そして現役高校1年生ときてますからね、学校中の女子がキャーキャー言っている声が聞こえてきそうですね!

身長に関しては、2018年の時点で「142㎝」という情報はあるのですが、現在の情報はありませんね~。

映画「茜色に焼かれる」の舞台挨拶では主演の尾野真千子さん(161㎝)と並んで少し小さいくらいなので、160㎝前後でしょうか。

そんな和田庵さんは幼少期からテレビが好きで、『ピラメキーノ』や『天才てれびくん』を観て芸能界に憧れたそうで、

「自分も出たい」という思いから8歳の時に事務所のオーディションを受けたことで芸能界入りされたそうで、子役として活動開始されています!

2017年に公開された、新垣結衣さんと瑛太さんW主演の映画「ミックス。」で俳優デビューをされていて、

2018年にはドラマ『隣の家族は青く見える』にも出演されています!

その後、和田庵さんは俳優を休業して、中学1年生の終わりあたりにカナダのバンクーバーに留学されていて、1年半もの間日本を離れ

2020年の夏に帰国し、映画『茜色に焼かれる』にて俳優活動を再開されています。

和田庵さんの留学についてはこちら↓↓

8歳の時に自ら志願して事務所のオーディションを受け芸能活動を開始し、2017年に公開された映画『ミックス』で子役デビューを果たし、 ...

なんとも異例な経歴ですよね!

わたしも現在の和田庵さんだとは気づかずに「可愛い子役が出ているなぁ」とドラマ『隣の家族は青く見える』は見ていましたが、

まさか留学されていて、帰国直後に映画『茜色に焼かれる』でメインどころでの出演だなんて、とんでもない”ポテンシャル”を感じますね!!w

個人的にはあの長澤まさみさん主演の話題作『MOTHER マザー』に出演されて新人賞などを総なめにした新人俳優・奥平大兼さんを思わせる異質な存在感を感じるので、

和田庵さんが『茜色に焼かれる』でどのような演技を見せてくれるのか非常に楽しみですね!w

あわせて読みたい↓↓

2020年、映画『MOTHER マザー』での圧巻の演技力が話題になったのがまだ記憶に新しい注目の新人俳優・奥平大兼(おくだいら けん)さん。...
現役高校生の俳優・和田庵(わだ いおり)さんが、5月21日から公開されている映画『茜色に焼かれる』への出演で話題です! 和田庵...

スポンサードリンク

まとめ

はい!【和田庵(いおり)は珍しい名前だけど本名?名前の由来や経歴も気になる!】の記事についてまとめますと、

和田庵(いおり)さんが本名なのか芸名なのかは公表されていませんが、映画『茜色に焼かれる』出演で知名度が上がることは間違いないので、

明かされの時間の問題だと思われる!

”いおり”という名前は意外にも男性に多く、芸名でも本名でも、”庵”という漢字の意味や名前の由来はとても素敵!!

和田庵さんは新人俳優として注目されているが、8歳の頃に芸能界入りを果たして、子役としてドラマにも出演されていた!

現在公開中の映画『茜色に焼かれる』への出演で和田庵さんの注目度はさらに増すことは間違いないと思われるので、今後も要チェックです!w

以上、最後までご覧くださりありがとうございました!

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする