三澤世奈(江戸切子職人)はなぜ江戸切子職人に⁉才能や作品がすごい!

8月25日(火)23時放送の『セブンルール【江戸切子180年以上の伝統を継ぐ…一流が認める新鋭の女性職人】』で美人江戸切子職人の三澤世奈(せな)さんが特集されます!

美人でおしとやかな雰囲気の三澤世奈さんですが、一度はもともとやってみたかったネイル関連の仕事に就くものの、諦めきれず「堀口切子」に入社するという変わった形での転身。

いったいなぜ江戸切子職人にこだわったのか?と気になり調べてみると、

江戸切子職人としての三澤世奈さんの才能や作品がすごいという事が分かったので、ご紹介していきますね!

スポンサードリンク

三澤世奈はなぜ江戸切子職人に⁉

出典元:https://www.kiriko.shop/

プロフィール

・三澤世奈(みさわ せな)

・1989年生まれ

・群馬県出身

・明治大学商学部卒業

・「堀口切子」入社

三澤世奈さんは大学3年の時に江戸切子の「堀口切子」に弟子入りを志願しますが、当時「堀口切子」では弟子を取れなかったため断念。

一度はもともと憧れのあったネイル関連の職に就くものの、「堀口切子」を諦めきれず、3年の時を経て、「堀口切子」入社を果たすんです。

今では「堀口切子」の新たなテイストとして三澤世奈さんの技術はなくてはならないことはもちろん、

オンラインショップの運営や広報などの仕事も受け持っているようです。

しかし、美大などでもなく、ネイル関連の職にも就いた彼女がなぜ「堀口切子」にこだわったのでしょうか?

江戸切子というか、親方である堀口徹という人の作品を見て興味を持って、その作品に共感したからです。デザインもそうですし、メディアで話されていることを聞いたりして、スタイル全般のセンスに惹かれました。

もともと手仕事が好きで、高校生の時はネイリストになりたかったんです。大学ではマーケティングを学んで、「物を売るということはこういうことなんだ」というのを学びました。

それで、本当に自分のやりたい手仕事は何か考え直して、「これだ」と思ったのがこの業界でした。

引用元:https://shokunin-zukan.jp/

現親方である「堀口徹」さんの作品に感銘を受けたんですね!

しかも、一度断られても諦めきれず、3年間ホームページをチェックし続けてやっとの思いで求人募集を見つけたというエピソードがあったみたいなので、相当感銘を受けたんですね!

その諦めの悪さや、一つの事に対する執着心などが、今の作品に活きているのではないでしょうか!

なんだか職人人生始まりの小説を読んでいるようでワクワクしますね!

出典元:https://webzine.kiriko.biz/

その感銘を受けた堀口徹さんの作品というのが、「ポーラの化粧品の容器を江戸切子で作るという商品を監修されていたそうです。

江戸切子というのは、化粧品の容器のデザインなども作られるんですね!驚きです!

どの作品も素晴らしいのはもちろんですが、「堀口切子」の面白いところはCACIOの時計の文字盤のサファイアガラスを使ったデザインや、

アサヒ六条麦茶のオリジナルペットボトルなどのデザインも監修されているんです!

出典元:https://www.nikkei.com/

出典元:https://www.asahiinryo.co.jp/

僕の知識ではグラスや器といったイメージだけだったので、とても興味が湧きましたね。

スポンサードリンク

三澤世奈(江戸切子職人)の才能がすごい!

この投稿をInstagramで見る

SENA MISAWA(@senamisawa)がシェアした投稿

出典元: https://www.instagram.com/

そんなドラマチックなエピソードで「堀口切子」に入社した三澤世奈さんですが、今となってはデザインや技術面においての才能が光りまくってるんです!

三澤世奈さんの作品がミシュラン掲載の日本料理店などで使われたり

レクサスが日本の伝統工芸を支援するプロジェクトではファッションアドバイザーのもと、オリジナルデザインのピアスを作ったり!

さらに2019年には、「江戸切子新作展」への出品をキッカケに、”日常空間に心地の良いトーンの切子”というコンセプトでオリジナルブランド「SENA MISAWA」を設立!

素晴らしいですよね。まさに誰もが憧れるような成功論。

そこには何度となく立ちはだかる壁にぶつかったり、計り知れぬ努力はあったとは思いますが、やはり三澤世奈さんが持ち合わせている才能ですよね!

こちらで商品をご覧いただけます↓↓

https://senamisawa.shop/

親方である堀口徹さんもその才能を認めております!

自分にはない感覚だし、面白いと思いました。

江戸切子の制作とは本来、色、形、用途などにおいて、とても自由度の高いものです。今世の中に存在する江戸切子にも、職人それぞれのテイストやその人らしさが見えますが、今回の商品は着眼点も斬新で、他にはないものです。これはいいなと思えたなら、早く世の中に出すべきだと思いました。

引用元:https://webzine.kiriko.biz/

師弟関係にありながら、お互いを尊敬しあえる関係…とても素敵ですし羨ましいですね!

スポンサードリンク

三澤世奈の(江戸切子職人)の作品がすごい!

オリジナルブランドまで立ち上げ、才能に満ち溢れた三澤世奈さんの作品まとめ!

この投稿をInstagramで見る

SENA MISAWA(@senamisawa)がシェアした投稿

出典元: https://www.instagram.com/

こちらがブランドを立ち上げるキッカケとなった「江戸切子新作展」に出品された、「Capture」という作品ですね。

この独創的な発想は、とてもじゃないけど、コメントできません!汗

言えるのは素晴らしすぎるということだけです!笑

この投稿をInstagramで見る

SENA MISAWA(@senamisawa)がシェアした投稿

出典元: https://www.instagram.com/

この投稿をInstagramで見る

SENA MISAWA(@senamisawa)がシェアした投稿

出典元: https://www.instagram.com/

この投稿をInstagramで見る

SENA MISAWA(@senamisawa)がシェアした投稿

出典元: https://www.instagram.com/

もうアートですよね。絶対これで飲み物なんて飲めないっすー!泣

飾っときますー!!

美しすぎて、見ているだけで涙が出そうですね。

才能に満ち溢れ、これ程までにセンスに満ち溢れ、独創的な発想を持つ三澤世奈さんですから、これからも「アッ!」と驚く作品をたくさん作り上げるでしょうね!楽しみです!

まとめ

美人江戸切子職人の三澤世奈さんについてまとめますと、

大学3年の時に現親方である堀口徹さんの作品に感銘を受けて、弟子入りをお願いするも1度断られても、諦めずに3年後に再アプローチで見事「堀口切子」に入社!

三澤世奈さんの作品がミシュラン掲載の日本料理店などで使われたり、

レクサスが日本の伝統工芸を支援するプロジェクトではファッションアドバイザーのもと、オリジナルデザインのピアスを作ったり、

オリジナルブランド「SENA MISAWA」を立ち上げ、その才能は親方である堀口徹さんも認めています!

そして三澤世奈さんの作品は独創的かつ繊細で、どれも素晴らしいものである!(素人である筆者目線)

ホームページやInstagramなどが英語ページや英語の説明もあることから、個人的には「堀口切子」としても、三澤世奈さんとしても、「世界」が視野にあるのかなと思います。

今後の活躍からも目が離せません!!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする